ヤフーがもう、AIを手放せなくなったワケ

日本で断トツに稼ぐ会社の収益エンジンとは

ヤフーのネット広告では、アドネットワークの「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」(YDN)と、検索連動型広告が2大商品ですが、ともにAIを活用しており、2つを合わせると年間約2000億円を超える売り上げ規模です。日本の企業で、AIの力で年間2000億円規模のビジネスを実現している会社がほかにあるかというと、たぶんないでしょう。AIでは日本で断トツに稼いでいる会社がヤフーなのではないでしょうか。

――AIが活躍する、具体的な場面とは?

志立:ヤフーのポータルサイトやアプリを利用する人は、1日約9000万人(パソコンやスマホなど各ブラウザを合計したのべ人数)。毎日、ユーザーからはページ閲覧など各サービスに対して、50億件超ものリクエストが集まります。出稿される広告数は、YDNの場合、さまざまな顧客から、合計で1000万種類以上もあるのです。

「AIで実際にビジネスを加速できているかが大事」と語る志立(しだち)正嗣執行役員(左)と、技術開発を担う塚本浩司サイエンス本部長。志立氏は1998年にヤフー入社、検索、広告、メディア事業の責任者を歴任し、2015年からデータ&サイエンスソリューション統括本部長。塚本氏は2009年にヤフー入社、Yahoo!JAPAN研究所で言語処理・機械学習の研究開発をしてきた

機械学習を使って最適に広告配信

問題は、リクエストに対して、いかに効果的に広告を配信していくか。これだけ膨大な数のユーザーと広告をリアルタイムで最適にマッチングさせる作業は当然、人手では無理です。そこでヤフーは、サイト閲覧やサービスの利用履歴などユーザーの膨大なデータについて、コンピュータが反復学習する機械学習を活用することで、最適な広告配信を実現している。AIという言葉からは、人の頭脳の代わりとなる人格的な何か、といった印象を受けるが、そうしたものを作っているわけではないのです。機械学習をAIと呼ぶなら、すでにAIはヤフーのビジネスに不可欠になっています。

――業績を引き上げるような効果はありましたか。

志立:YDNの前身となるサービスを始めたのは2008年でしたが、しばらくは低調な状態が続いていました。その後、機械学習を本格的に取り入れ始めたのが2011年で、翌年から本格的に効果が現れ、急激に売り上げが伸び始めたのです。現在に至るまで右肩上がりを続けています。AIという言葉が世の中で盛んに言われる以前から、実際のビジネスで使い、大きな効果を挙げてきました。

次ページ文字通りビックデータを抱える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。