LINEの母、ぶっつけ本番両立人生の痛快

「やるか」「やらないか」なんて考えない

いや、あるいは、若いうちから育児と仕事の二本立て人生を生き抜いてきたど根性が、古賀さんを「そこらへんにいる営業」から「営業事業部長」に変えたのかもしれない。

ご主人や実家の両親との「役割分担」を駆使し、必死で育ててきた娘さんも今では9歳になり、お迎えにいかずとも学童保育や習い事から自分1人で帰ってこられる年齢になった。

「今では、優秀なスタッフがいっぱいいるので、ラクさせてもらっています。おかげで、やっと自分の時間も、コントロールできるようになりました。ですから、なるべく夕食を作って、娘と一緒に食べる時間も意識して作るようにしています。昔を思い出せば、大変なときもあったように思いますが、子どもは別に心配せずとも、ちゃんと育つものですね」

古賀さんのキャリアの大半は育児とのセットで、仕事だけしている時期はほとんどない。つねに時間や心理的な制約がある中で、結果を出すのは苦難の連続で、泣きたい日もあったことだろう。

だが、古賀さんは、弱音も吐かず、つねに前を見て、初挑戦の連続に体当たりでぶつかる。

「仕事も子育ても、なんでも体感するのが好き」だと語る古賀さんを見ていると、「案ずるより産むがやすし」は真実だ、という気がしてくる。

(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT