パリピも黙る!「池袋ハロウィン」の超絶進化

小池百合子知事も登場、今年のコスプレは?

独自のハロウィン文化を育んでいる池袋

それでも横澤氏は、「街でやることに意味がある」と主張する。偏見を受け、虐げられてきたコスプレという趣味だからこそ、「街というパブリックな場で、好きなことをはっきり好きと言えるようにしたい。そのための場を作りたい」(横澤氏)。参加を促すため、十分な数の更衣所を確保し、業界のインフルエンサーが登場するステージも企画。次第に口コミが広がり、昨年2回目の開催には参加者が一気に4割増えたという。

迷惑行為が頻発すれば廃れる

今年はコスプレのまま入店できる協力店を100店まで増強。万が一コスプレ衣装が壊れてしまった際に利用できる「無料お直しコーナー」を設けるなど、さらに至れり尽くせりの体制を組んでいる。

そもそも「ハロウィンは興業として成り立ちにくい」というのが横澤氏の持論だ。テーマパークにとっては、イベント閑散期になりがちな10月を乗り切る好材料だが、仮装やコスプレで街に集まるだけでは、興業として課金できるポイントがない。「今はブームが続いているが、迷惑行為が頻発するだけなら、いずれ規制され淘汰されていくはず」(横澤氏)。

だからこそ池袋ハロウィンは、「サブカル、コスプレという明確なポジションを取りに行った」(横澤氏)。ビジネスとして成熟させるにはもう少し時間が掛かりそうだが、同じ趣味趣向を持った人が大量に集まれば集まるほど、そのニッチな層に自社製品・サービスを訴求したい企業にとっては、スポンサーしがいのある場になる。

一風変わった方向性でも、これがハロウィンが日本で生き残る一つの形なのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT