キンコン西野流「嫌われてもOK」な仕事術 目立つと叩かれる日本でこそ、個で生きろ!

印刷
A
A

これを自分の人生に置き換えてみると、ヨットというのは自分自身で、風は、その時の状況。向かい風は普通、「嫌なこと」だけど、これも前に進む力となる。この「向かい風も追い風」という感覚は常に持っておいたほうがいいと思いますよ。それだけで、自分がどこに力を入れたらよいか、明確になってきます。

周りがすべてのことを容認してくれて、みんなが「いいよ、いいよ」って言ってくれたら、もう何をやっても目立てない。みんなが「これもだめ、あれもだめ」って規制が厳しいほうが、向かい風が吹いてくれて結果としていいんですよ。

組織って、本当に必要なの?

――日本特有ですよね。海外だと「個性が認められる」ことが当然だから、何か変わったことを言ったり、やったとしても「君はそう考えるのか」みたいに流されてしまうようです。しかし日本だと、暗黙の了解に反する行動、言動をすると、炎上して逆風が吹く。だからむしろ日本が……。

西野亮廣(にしの あきひろ)/1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆、ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブ活動を行う。また、2015年には“世界の恥”と言われた渋谷のハロウィン翌日のゴミ問題の娯楽化を提案。区長や一部企業、約500人の一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞した。その他、クリエーター顔負けの「街づくり企画」、「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。2016年、東証マザーズ上場企業「株式会社クラウドワークス」の“デタラメ顧問”に就任

チャンス、チャンス、大チャンスですよ。本当にいい時代だと思うな。だって僕、20年前とか知らないですけど、今みたいにこんな向かい風強くないんでしょ? どうせ。インターネットとかもないから、表立って叩かれることもない。

そうだとしたら、やっぱりでっかい企業に所属してないと、大きいインパクト生めないってことですもんね。いや……そんな動きにくいの、ない。嫌ですわ!僕、絶対今のほうがいい。

――個人だと、風を受ける面積が小さい分、小回りも利く。組織に従属していると、どうしても全体のことを気にして自分の行動を決める必要があります。

そもそも、そんな別に、組織っていらなくないですか?最近発売した僕の絵本『えんとつ町のプペル』もそうだったんですけど、プロジェクトごとにスタッフを集めて、チームを作ってやっていまして、今後もそうしていくつもりです。おっしゃる通り、向かい風がどれだけ強かろうが、それぞれが「個」で生きてたら関係ない。「個」で生きるって、むっちゃ楽しいっすよ。早い話。

――しかし、個として目立つと周りから批判されますよね。それでも自分の道を貫くためには、何が重要でしょうか?

批判してくるアンチなんて、ゼロと考えればいいんじゃないですか。「自分のことが嫌い」って言う人が10億人いようが、60億人いようが、関係ない。僕だったら、ライブに足運んでくれたり、本を買ってくれて、自分の活動に興味ある人、「好き」って言ってるくれる人の数しか、計上しません。

次ページ炎上していることなんて、誰も知らない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT