「憲法・靖国・増税」、参院選後の安倍政権

吉崎 達彦が読む、ちょっと先のマーケット

中国側の事情を考えれば、9月11日の尖閣国有化1周年と、9月18日の柳条湖事件の記念日が過ぎるまでは、対日関係改善には動きにくいだろう。おそらく9月の国連総会(ニューヨーク)において、安倍首相と習近平国家主席が「立ち話」する、といった局面が見られるのではないか。そしてその後は、APEC首脳会議(バリ島)や東アジアサミット(ブルネイ)などで、日中首脳会談の機会を模索することになると見る。

それまでは刺激を避けて、中国側の出方をじっと待つことになるだろう。

(3) 10月には消費税増税を決断する

安倍首相が憲法問題を先送りし、対中関係でも我慢を続けるのは、結局、これが控えているからである。参院選後に一番重要なのは、ずばり10月に控えている消費税増税の閣議決定ということになろう。

日本経済は順調に回復中だ。8月中旬に発表される4~6月期GDP成長率も、たぶん年率3%前後の強い数字が出る。だから10月の消費税増税の最終決定には何の問題もない、と思っておられるかもしれない。

ところが消費税増税法案の附則第18条、通称「景気条項」は、それなりに重い。「名目で3%程度かつ実質で2%程度の経済成長」のハードルは、いちおうは「努力目標」とされている。だが、試しに法案の全文を読んでみられたい 。この問題の難しさが実感できると思う。

もはや忘却の彼方かもしれないが、この法案は民主党政権下で誕生している。増税を目指す野田首相と財務省が、民主党内の事前審査を乗り切るために妥協したのが「景気条項」である。民主党内には当時のことを覚えている議員が大勢居るから、その気になればいくらでも議論を蒸し返すことができる。さらにややこしいことに、リフレ派のエコノミストはもともと消費税増税には消極的だ。しかも円安・株高のお陰で、今年の法人税は上振れしそうである。「消費税を上げなくても、しばらく対応できるのではないか」という声は確実に出るだろう。増税を歓迎する人は居ないから、直前になれば増税先送りの大合唱が広がっても不思議ではない。

増税をめぐって、再び大論争が!?

もちろん、ここはいろんな議論があるところだ。当欄の同僚執筆者である山崎元さんは、たぶん増税延期派だと思う(参考:直近の山崎氏のコラムはこちら)。筆者は上げた方がいいという意見だが、その理由については前々回に触れたのでここでは繰り返さない 。もちろん、この秋の景気状況がどうなっているかにもよるけれども、国論を二分する対立となっていることは想像に難くない。

いちばんありそうな展開は、「低所得者対策」と銘打って、来年4月の税率上げと同時に、「新型・地域振興券」(定額給付金でも可)をバラ撒くことだろう。公明党に言いだしっぺになってもらい、「花を持たせる」なんてこともあるかもしれない。もっともその場合、「2015年度までに国・地方のプライマリーバランスの赤字を半減する」という財政健全化目標は、かなり覚束ないことになってしまう。ついでに言えば、海外の投資家や格付機関が日本国債を見る目も、冷た~いものになりそうだが……。

次ページさて競馬!春のG1を振り返りつつ、エプソム杯予想!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。