LGBTへの無策は企業にとって大きな損?

1000人アンケートから見えたもの

転職経験者が多い! その背景は…

次は、いよいよ「LGBTの職場体験」に関する質問です。分析してみて驚いたのは、転職経験者の多さでした。

<転職経験>

LGBT平均の転職経験率は60.0%であり、一般平均51.8%に比べて高いという結果がでました。これは以前から予想されていましたが、今回の調査で初めて数字の裏付けができたことになります。

さらに注目すべきはMTFの動向です。MTFの転職経験率は68.3%と、一般に比べて16ポイントも高いうえに、「3回以上転職している」と回答した人が全体の41.3%にも上りました。年代別でみると、30代MTFの実に81.3%が2回以上の転職を経験しているのです。

 こうしたデータの背景にはいったい何があるのでしょうか。トランスジェンダーの場合、性別を移行する過程で、手術のための長期休暇が必要になることがあります。また、性別の移行がある程度進んだ後は、自分の望む性別で働くために、以前の自分を知らない職場に転職する人もいます。

LGBTの転職は、もちろん、自分のキャリアなどを考えた前向きな理由もあると思いますが、「今の職場になじめない」といったネガティブな要因も相当影響しているのでは――そんな推測を裏付けるデータが、さらに続きます。

職場の人間関係の難しさ

<職場の人間関係>

職場の人間関係について尋ねたところ、「悪い」「非常に悪い」と回答したのはLGBT全体で8.7%でした。中でも、MTFでは20.6%と突出しています。自由記載欄を設けたところ、回答者の60.9%が職場における個人の体験を書いてくれました。

勤務先の会長が「今日からお前は女だ!」とみんなの前で言ってくれて、トイレや仮眠室など環境を整えてくれたのはうれしかった。(20代MTF)

このようなポジティブなコメントもありましたが、自由記載欄の半数以上は「LGBTとして職場で居心地が悪いと感じた」エピソードでした。

同性愛者であることを理由に、一緒に働けないと言われた。同性愛者であることを相談した上司が、別の部下に話してしまい、その人から暴言が書かれたメールが来た。(40代ゲイ)

カミングアウトした日からパワハラ・いじめを受けるようになった。(20代バイセクシュアル女性)

配置転換や昇進、退職などにかかわる重大なハラスメントや、職場の誰かに相談したことで、さらに困難な状況に追い込まれたケース(2次被害)もありました。

アンケートから見えてきた日本の職場のLGBTの実態について、次号でさらに深く堀り下げてみたいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT