職場でのカミングアウトは「両刃の剣」?

円滑なカミングアウトは企業にとってプラスなのか?

「うちの会社にはLGBTはいないから、LGBT対応は必要ないのです」

これは、某大手企業の人事部長の言葉です。このように思う方は、日本では決して少なくありません。しかし、この会社は数万人規模の会社であり、LGBTは人口の5%程度(2012年、電通総研)ですから、統計的に考えても、いないはずがありません。LGBTは職場にいないのではなく、職場でカミングアウトできずにいるのです。むしろ、こうした会社でこそ、何らかのLGBT対応が必要なのではないかと思います。

さて、前回に引き続き、虹色ダイバーシティが実施したLGBT当事者向けの職場環境に関するアンケート調査(2013年2~3月実施、回答数1125人)の結果をご紹介したいと思います。

約半数が差別的な言動を経験

<差別的な言動>

「職場で差別的な言動を見聞きしたことがありますか?」という問いに対して、「ある」「よくある」との回答がLGBT全体で47.7%、約半数でした。一方で「まったくない」と回答したのはたった6.5%です。

あわせて仕事の「やりがい」を感じるかについても質問したところ、やりがいを「強く感じる」「感じる」と回答した割合は、差別的な言動が「まったくない」と答えた人で7割程度だったのに対し、差別的な言動が「ない」「普通」「ある」と答えた人では、その割合がどんどん低下し、「よくある」と答えた場合では約4割でした。つまり、LGBTが差別的な言動があると感じる職場ほど、仕事のやりがいを感じにくいのです。

海外の調査で「LGBTであることによるストレスがあると、仕事の生産性が低下する」というものがありますが、日本の職場でもまさに同じ状況であると考えられます。

次ページ職場内の人を揶揄する言動が約3割
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング