企業が新卒採用に投じる「1人50万円」の中身

ナビ掲出料や説明会参加費用はいくらなのか

ただ当然、企業によって採用費のかけ方に差があり、1人当たり採用費が数十万円程度の企業もあれば、採用に積極的で100万~200万円かける企業もある。採用人数が多ければスケールメリットから1人当たり採用費は抑えることができる一方、「優秀な理系学生を数人だけほしい」といったように、少数でも優秀な人材を集めたい場合は1人当たりの単価もあがってくる。さらに求める人材層だけでなく、企業の知名度によっても「人が集めやすい」「集めにくい」というのもある。その額は企業の環境や採用戦略によっても異なる。

ただ、この平均採用費を逆算すれば、各社のおおよその規模感が見えてくる。20人規模で採用する企業であれば、20人×50万円で約1000万円、200人なら、200人×50万円で約1億円、というのが目安になるだろう。

ではその中身はどうなっているのか。マイナビが明示している採用費総額は、就職情報サイトや新聞などに出す広告費のほか、ホームページの作成費用、DM発送費、会社説明会や面接費用といった採用経費、さらには内定後の内定者に対する懇談会などの内定者フォローの費用も含めた総額としている。平均で見ると、そのうち半分以上が広告費に割かれており、15%程度が内定者フォローなど内定後の費用に充てられている。

採用費の半分以上が広告費!

「20~30人を採用する企業の場合、リクナビやマイナビといった就職ナビなどへの掲出費用として、200万~300万円ほど使う。さらに合同企業説明会へ出展料などの費用が加わる。ホームページや入社案内などの制作費に200万~300万円ほど。会社説明会の会場費や入社試験、適性診断のための費用、交通費などの選考費用を合わせれば、総額は1000万~1500万円程度になる」(情報系企業の人事担当者)

次ページ合同企業説明会の費用は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT