朝井リョウさん、就活って「何者」ですか?

直木賞作家が描く、就活のリアルと本質

就職活動のリアルを描いた『何者』。その作者・朝井リョウ氏が就職活動について語った(撮影:梅谷秀司)
就職活動を通して自分が「何者」なのか、模索する5人の大学生を軸に、“リアルな就活”を描いた朝井リョウの直木賞受賞作品『何者』。就活経験者にとって刺激的な表現が数多く含まれる小説だが、ついに映画化が実現し、10月15日より全国東宝系で公開される。
映画では演劇ユニット「ポツドール」を主宰する演劇界の鬼才・三浦大輔が監督・脚本を担当、出演者に佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之といった、世代を代表する実力派俳優たちが集結している。
今回、映画化のタイミングにあわせて原作者の朝井リョウ氏が『何者』で言いたかったこと、就職活動についての考え方、そして就活生へのアドバイスについて語ってくれた。

かなり原作を尊重していただいた

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

――完成された映画『何者』を見てどんな感想を持っていますか。

小説について、映画やドラマになった作品は自著と別物だと考える方ですが、今回はかなり原作に沿って作っていただきました。そのためこれまでの映像化に比べて原作者の責任が重いというか、映画に占める自分の割合が多いので、観ながら「どこかでボロが出るのではないか」という緊張感がありましたが、役者の方々がそれぞれ本当に素晴らしい演技を搾り出してくださっていたので、その心配は杞憂でした。とにかくどのシーンにも、今観ておくべき人たちの今観ておくべき演技がスクリーンいっぱいに詰まっていて、どの台詞も表情もつかみ損ねたくない、と、観ながら作品に対してどんどん能動的になっていました。

次ページ監督や俳優さんが刺激的な作品に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT