企業が新卒採用に投じる「1人50万円」の中身

ナビ掲出料や説明会参加費用はいくらなのか

ホームページの制作費は企業によって費用のかけ方が異なっており、大手企業の中には1000万円単位で使うところもあるという。また、会社説明会や面接も社内で行うか、外部の会議室といった有料の会場を使うかで異なる。面接の際も受験した学生に対してどの程度交通費を支払うかによって差が出てくる。

テスト業者に委託する筆記試験やWebテスト、適性検査も、受験者数やテスト内容で金額は異なる。1人当たり1000~2000円のものから、5000円前後かかるものまである。さらにDM発送や電話連絡を外部に委託する企業もあり、そうしたアウトソーシング費用を採用費に計上する企業もある。

合同企業説明会やセミナーについては参考となる資料がある、リクルートキャリアのホームページには合同説明会やイベントへの参画料金が記載されている。たとえば、2017年3月1日に幕張メッセで行われる「就活開幕LIVE東京」の場合、標準ブース(約12平方メートル)の出展料は90万円。スペースの面積や出展する場所で金額も異なっており、倍規模の大型ブースで180万円、特大デモンストレーションブースだと600万円という金額になる。なおこの出展料は机やいすなどの基本備品が提供されるが、パネルなどブースの装飾費などは企業側の負担だ。

合同説明会は、開催日や場所によって集まる学生の数が異なるため、出展料にも差が出てくる。学生の動員力がある開催ほど金額も上がる。同社の参画料金表を見ると、3月1日に大阪で開催する合同説明会の標準ブースの出展料は60万円、新潟で開催する合同説明会の標準ブースの出展料は25万円となっている。時期も3月初旬の出展料が高く、後の日程になるほど価格が下がる傾向にある。

合同セミナーは動員数で出展料に違い

他の就活ナビ会社が主催する合同説明会についても同様で、スペースの広さや日程、動員できる学生の数によって価格も異なるという。

ただ、こうした合同説明会に関しては、「知名度のある企業に対してはある程度のディスカウントが行われる場合がある」と、複数の就職関係者が指摘する。ブランドランキングの上位企業など、人気のある企業が出展社として名を連ねれば、集客の目玉となるため、ある程度の”優遇策”がとられているのが実態だ。

各企業は最初に採用数などの計画を立てると同時に、採用予算も決めているケースが多い。その額は企業ごとの採用環境や採用戦略によって変わってくる。積極的に採用をしたい場合は採用費も大きく、イベント会場での露出やホームページの作り方も、より目立つ形になっているはずだ。そうした視点から企業側の採用意欲を探るのもひとつの手といえるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT