2人に1人が「100年生きる」時代に必要な能力

何歳でも「変身できる」力の身に付け方

ここで著者が説明するのが、マルチステージ、マルチシナリオの人生だ。3ステージの人生では、20代前半まで学び、その蓄積をベースにその後60代、場合によっては70代まで働き、引退生活に入る。マルチステージでは、こんな「画一的な一斉行進」は終わり、各人の人生の状況に合わせて、学びと労働のステージが繰り返し訪れる。人生は多様化していくのだ。

20世紀に入って、経済社会の変化に合わせて、人生にティーンエージャー、引退者というステージが登場した。それと同様に、100年続く人生では、自らの針路を幅広くとって模索する「エクスプローラー」、自由と独立を重視して小さなビジネスを営む「インディペンデント・プロデューサー」、さまざまな仕事や活動に同時並行で関わる「ポートフォリオ・ワーカー」といったステージが現れると著者は述べる。

しかも、これらのステージは、年齢とリンクしない。50代のエクスプローラーがいてもいいし、30代のポートフォリオ・ワーカーがいてもいい。こうして、20世紀とは異なり、各世代が混じり合っていく、というのが著者の主張だ。

80歳で友達は買えない

長い人生、稼がなければ生きていけない。そのために苦痛な労働にどこまで耐えるか、という発想では、100年時代は生きるのにつらくなるだろう。

稼ぐために人生を消費するのでなく、良い人生を過ごすために必要な働き方をしてはどうか? 私は本書から、そんなメッセージを受け取った。仕事中心、おカネ中心の人生ではなく、楽しい人生を軸に、働き方を見つめるべきだというメッセージだ。

必要なおカネを稼ぎつつ、人生を楽しむ秘訣は何か。著者は、その答えも用意してくれている。家族や友人関係、肉体的、精神的幸福、自分についての深い知識、多様な人的ネットワークなどの「見えない」資産、無形資産を蓄積していくことだ。

著者は、資産を「ある程度の期間にわたり恩恵を生み出すもの」と定義する。そう考えれば、たしかにこれらも資産だろう。そして、無形資産も、家や工場設備などと同様、きちんとメンテナンスをしていかないと、価値が毀損されていく。

無形資産は、有形資産と異なり、毀損されたからといって、容易に買い替えが効くようなものではない。80歳になって、生涯の友を「買う」ことはできない。だからこそ、きちんとしたメンテナンスや投資が必要になってくる。

次ページ自分を変えるための「変身資産」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT