日本人が抱える「正しいキャリア」という幻想

経営学者、石倉洋子が読む「ライフ・シフト」

石倉洋子教授が危惧する「正しいキャリア幻想」とは?(撮影:谷川 真紀子)
多くの日本人が自らの意志で人生を決めるのではなく、ありもしない「正しいキャリア」という幻想にがんじがらめになっていると危惧する、石倉洋子・一橋大学名誉教授。
そんな教授が勧める書籍が、ベストセラー『ワーク・シフト』の著者らが書いた『The 100-YEAR LIFE』の日本語版『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』だ。その理由はどこにあるのだろうか。

 

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

本書『ライフ・シフト』は、2012年にドバイで開かれた世界経済フォーラムの世界課題会議で初めて会ったリンダ・グラットンの最新版です。当時話題になっていた『ワーク・シフト』に強く共感し、今年7月から、フォーラムが新しく組織した「未来委員会」で活動を一緒に始めています。リンダは私がとても好きな女性リーダーのひとりでもあるので、大きな期待をもって本書を読み始めました。

まず感じたのは、「待ってました!」と大いに歓迎する気持ちです。それは本書のメッセージが、今日本で一番必要とされている発想の転換を促し、具体的なアクションを示唆する上で、大きな説得力を持つものだからです。また私自身が最近実行している活動の背中を押してくれるものだとも感じました。

では、なぜ私がこのような強い印象を持ったのでしょうか。

次ページ3ステージから発想の転換が必要な日本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT