「慰安婦」「歴史認識」問題を乗り越える道

「グローバル日本人」になるために読むべき本

インターの教育で私が感謝しているのは、娘がハイスクールのとき、課題図書が出され、そのエッセイを毎回提出させられたことだ。これは、歴史の時間でなく、国語(日本語)の時間だったが、娘の日本人としてアイデンティ形成に大いに役立ったと思う。

そのときの国語の担任教師はチエ・スコギンズ先生で、夫のグレン・スコギンズ氏が歴史の担当教師だったので、本の選定は的確だった。

 以下、それを記すと、『天平の甍』(井上靖)、『沈黙』(遠藤周作)、『三四郎』(夏目漱石)、『清兵衛と瓢箪』(志賀直哉)、『「甘え」の構造』(土居健郎著)、『タテ社会の人間関係』(中根千枝)などだ。

私が娘に勧めた本

この連載を始めたとき、私の事務所の女性社長(33歳)に、「こういった本、読んだことがある?」と聞き、「1冊も読んでません」と素直に答えられ、がっくりしたことがある。彼女は、平均的な日本女性なので、おそらく、今の若い人たちも、これらの本をあまり読んでないと思う。

実は私も、このうちの『沈黙』『「甘え」の構造』は読んでいなかった。また、『タテ社会の人間関係』は高校時代に読んだが、内容は頭に入らなかった。そこで、娘と一緒に読んでみて、初めて「ああ、こんな内容だったのか」とあらためて納得した。この本には、日本社会で社会人として生きてみて、初めて実感することが端的に書かれている。

 この本でいうタテ社会は、まさしく日本そのものである。「あなたの職業は?」と聞かれて、会社名を答えることを疑問に思わなければ、タテ社会の生粋の日本人である。そして、タテ社会人間は、「ウチ」と「ソト」の区別にこだわる。日本人は「個人」としての自分よりも、「ウチ=家、所属集団」を重視するなど、その本質が述べられている。

娘も私と同じく、当時は実感しなかったというが、大学院を終えて帰国し、日本の会社に就職した後は、タテ社会を実感した。そして、その中の暗黙のルールを犯さないで生きる術を身に付けたようだ。

上記の本以外に、私なりに選んで、当時の娘にそれとなく読むように勧めた本がある。それを記すと、『代表的日本人』(内村鑑三)、『武士道』(新渡戸稲造)、『菊と刀』(ルース・ベネディクト)、『アメリカの鏡・日本』(ヘレン・ミアーズ)、『日本人とユダヤ人』(イザヤ・ベンダサン)、『敗戦を抱きしめて』(ジョン・ダワ―)、『蒼茫』(石川達三)、『天の夕顔』(中河与一)、『忍ぶ川』(三浦哲郎)、『チャーズ』(遠藤誉)などだ。

次ページ『天平の甍』の教訓
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?