欧州エアバスが日本で逆襲する日

日の丸エアラインをめぐる、米ボーイングとの激しい攻防

フランスにあるエアバス工場。「A380」を生産

6月1日からいよいよ米ボーイングの中型機「ボーイング787」が再就航する。1月に起きたバッテリー出火事故で、運航のストップをかけられていた「B787」。だが、米当局などによる改修計画の認可も終え、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)ともに、再開する見込みだ。

 中型機であるが、既存の旅客機より燃費が2割ほどよく、欧米の主要都市へも就航が可能な787。好収益確保の切り札として、JAL、ANAの両社は、大きな期待を寄せる。世界の航空機市場を見ると、米ボーイングと欧州エアバスは、実はほぼ互角の争いである。だが、日本市場に限れば、シェアはボーイング9割:エアバス1割だ。

エアライン各社の機材の所有状況を見ると、大手2社はいずれも“ボーイング派”。JALの場合、ボーイング機が166機(前期末、所有・リース)なのに対し、エアバス機はゼロ。過去にも一機も使った歴史がない(合併した旧日本エアシステム〈JAS〉はエアバス機所有あり)。ANAもやはりボーイングが主力となっている。

次ページなぜ日本の大手はボーイング優位なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT