欧州エアバスが日本で逆襲する日

日の丸エアラインをめぐる、米ボーイングとの激しい攻防

フランスにあるエアバス工場。「A380」を生産

6月1日からいよいよ米ボーイングの中型機「ボーイング787」が再就航する。1月に起きたバッテリー出火事故で、運航のストップをかけられていた「B787」。だが、米当局などによる改修計画の認可も終え、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)ともに、再開する見込みだ。

 中型機であるが、既存の旅客機より燃費が2割ほどよく、欧米の主要都市へも就航が可能な787。好収益確保の切り札として、JAL、ANAの両社は、大きな期待を寄せる。世界の航空機市場を見ると、米ボーイングと欧州エアバスは、実はほぼ互角の争いである。だが、日本市場に限れば、シェアはボーイング9割:エアバス1割だ。

エアライン各社の機材の所有状況を見ると、大手2社はいずれも“ボーイング派”。JALの場合、ボーイング機が166機(前期末、所有・リース)なのに対し、エアバス機はゼロ。過去にも一機も使った歴史がない(合併した旧日本エアシステム〈JAS〉はエアバス機所有あり)。ANAもやはりボーイングが主力となっている。

次ページなぜ日本の大手はボーイング優位なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT