欧州エアバスが日本で逆襲する日

日の丸エアラインをめぐる、米ボーイングとの激しい攻防

フランスにあるエアバス工場。「A380」を生産

6月1日からいよいよ米ボーイングの中型機「ボーイング787」が再就航する。1月に起きたバッテリー出火事故で、運航のストップをかけられていた「B787」。だが、米当局などによる改修計画の認可も終え、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)ともに、再開する見込みだ。

 中型機であるが、既存の旅客機より燃費が2割ほどよく、欧米の主要都市へも就航が可能な787。好収益確保の切り札として、JAL、ANAの両社は、大きな期待を寄せる。世界の航空機市場を見ると、米ボーイングと欧州エアバスは、実はほぼ互角の争いである。だが、日本市場に限れば、シェアはボーイング9割:エアバス1割だ。

エアライン各社の機材の所有状況を見ると、大手2社はいずれも“ボーイング派”。JALの場合、ボーイング機が166機(前期末、所有・リース)なのに対し、エアバス機はゼロ。過去にも一機も使った歴史がない(合併した旧日本エアシステム〈JAS〉はエアバス機所有あり)。ANAもやはりボーイングが主力となっている。

次ページなぜ日本の大手はボーイング優位なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。