欧州エアバスが日本で逆襲する日

日の丸エアラインをめぐる、米ボーイングとの激しい攻防

ボーイング比率を高めたJALの事情

なぜボーイングはここまで日本大手に優位だったのか。

「1980年代、自動車や半導体の分野で、日米貿易不均衡の問題が発生した。航空機はそのマイナス(不均衡)を埋めるために使われた面もある」。ある航空機メーカー幹部はこう振り返る。特に1953年施行の日本航空株式会社法の下、半官半民の会社として設立されたJALは、代々、日本政府の強い影響力を受けてきた。時には政治的配慮から、航空機購入でも米国企業を優先せざるをえなかった。

航空機は1機当たりの初期投資が膨大だ。パイロットは機種ごとに免許を獲る必要があり、キャビン・アテンダント(CA)や整備士もそれぞれ訓練を積まなければならない。だからいったん買うと、航空会社としてはなかなかメーカーを換えられないのだ。

ただしここ10年間くらい、世界のマーケットでは、エアバスが既存のボーイングの受注をひっくり返している例も目立つ。

というのも、これまで大量輸送時代を可能にした“ジャンボ”=「B747」を筆頭に、小型機から大型機まで抱えていたボーイングに対し、2000年代に入って、エアバスも機種のラインナップを揃え始めていったからだ。

技術面でもエアバスは進化した。小型機「A320」で、旅客機として初めて、「フライ・バイ・ワイヤー(FBW)」というデジタル技術を採用。コックピットから操縦桿をなくし、ジョイスティック型に変えた。従来の機械による油圧制御から、コンピュータによる電子制御をより優先したというわけだ。ボーイング、エアバス両社のこうした設計思想の違いは、今も議論の的となっている。

そして日本でも、スカイマークやLCC(格安航空)などの新興勢力が登場。ボーイング一辺倒だった状況が次第に変わりつつある。

次ページここへ来て、エアバスが日本市場に食いこんでいる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。