欧州エアバスが日本で逆襲する日

日の丸エアラインをめぐる、米ボーイングとの激しい攻防

LCCや中堅勢に食い込み始めたエアバス

口火を切ったのが中堅のスカイマーク。同社ではボーイングとエアバスを併用している。中型機「A330」のほか、ジェット旅客機として初の総2階建てで、1機400億円もする大型機「A380」を6機購入。2014年11月から、JAL、ANAにとってドル箱である、成田―ニューヨーク線を飛ばす。

さらにLCC(格安航空)では、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンともに、旅客機はエアバス製である。国内短距離が主流のLCC勢は、いずれも小型機の「A320」シリーズを購入。実績はピーチ8機、ジェットスター10機、エアアジア4機という状況だ。ちなみに北九州が地盤の中堅エアライン、スターフライヤーも「A320」を所有。つまり、航空会社が後発になるに従い、エアバス比率が増えているのがわかる。

現在、エアバスが生産している機種は、小型機の「A318」「A320」などから大型機の「A380」まで、13種類。うち小型機は、減価償却も終わっているため「売れば売るほど儲かり」(業界関係者)、最も稼ぎ頭だ。LCC向けに機内の通路を広くし、客の乗降時間の短さが死命線であるLCCにも配慮。経済成長著しいアジアのLCCなどに引き合いが強い。

一方、ボーイングは「B787」を再開するとはいえ、バッテリー出火の原因が完全に究明されたわけではなく、利用者に少なからぬイメージダウンを与えたのは間違いない。LCCなどエアライン業界の地殻変動を追い風に、エアバスは日本市場でもボーイングの座を脅かすのか。航空機両雄の因縁の対決が火蓋を切ろうとしている。

詳しくは『週刊東洋経済』5月25日号の「沸騰!エアライン&ホテル」を、ぜひご覧下さい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。