就活生に期待する能力=社員に期待する能力?

〝宇宙人襲来〟のような状況、ESの設問が真に問うものとは?

ESの難問奇問対応に加え、就活生らしさの演出にも余念がない。撮影:今井康一

あらためて話す中で、なるほどと思ったのは、常識に照らしてみると、このケースが示す状況は、かなり異常である、ということだ。これまではみんなが頑張って、うまく運営できていたにもかかわらず、あるとき、がくんと売り上げが落ち、突然存亡の危機に見舞われる。宇宙人が侵略してくる、SFばりの展開だ。

そう、このケースでは、まさに「宇宙人襲来」の状況が想定されているように思えてきたのである。

店舗の売り上げが激減して困っている、といっても何の面白みもない。しかし、宇宙人が突然襲来したときにどうしたらいいだろうか、と考えれば途端に面白さが倍増する。

答えはシンプルだ。とりあえず、まずは逃げる。店舗に踏みとどまって原因を特定し、顧客を設定し直し(宇宙人相手に新たなビジネスを始める?)、マーケティング・ミックスを最適化する人は、たぶんいない。

発想力を現実に活かす。熟考、「宇宙人襲来」

これは、さすがに飛躍しすぎで答えにならないだろうが、もう少し現実に即した「宇宙人襲来」の状況たりうるものは何であろうか。

たとえば、近隣にユニクロとZARAとH&Mの大店舗ができたという状況はどうだろう。これなら、現実にもありそうだ。同時に、すでに当初の平凡な解答とは、少し違う議論ができるようになっている。

もはや、原因の特定が必要ないからだ。売上が減少している理由ははっきりしている。ユニクロやZARAに顧客をごっそりと取られたのである。ビジネスの抜本的改革が求められていると見たほうがいい。

それは、単に店を閉めるということではなく、中長期を見据えて、ビジネスのプランを立て直す必要があるということだ。もっといえば、いま想定したような大規模出店なら事前にわかるはずだから、本来、もっとはやい段階で始めるべきことがあったともいえる。

次ページ高く評価されるESの質は、現社員らの質にも対応する?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT