外国人投資家は、日本株を買い増すのか

吉崎 達彦が読む、ちょっと先のマーケット

 

ソニーへ注目が集まっている理由を考えて見よう(ブラビアの新製品発表 会:撮影 梅谷秀司) 

米ヘッジファンド大手のサード・ポイント社のCEOであるダニエル・ローブ氏が、5月14日にソニーを訪れ、平井一夫社長に対して経営改革案を提案したという。「映画や音楽などのエンタテイメント部門を切り離して、エレクトロニクス事業に専念せよ」とのこと。ハイそうですか、とはならないと思うが、ソニーに14億ドルを投資している筆頭株主の意向とあれば、正直、無下にはできないところであろう。

ソニーへの、ヘッジファンドの提案が意味するものとは

といっても、今回のコラムでは、ソニーについて語ることが本題ではない。ソニーの件は、いわばほんの氷山の一角で、このところ外国人投資家の訪日が急増しているという点に着目してみたい。

今まで日本市場は、海外投資家のレーダーサイトの外にあった。それが昨年秋から急変し、今や世界で最もリターンの高い市場となっている。新興国市場の成長にも陰りが出ている昨今、日本株をさらに買い進むべきか、あるいはこれ以上幻想を持つべきでないのかは、彼らの中でも判断が分かれるところなのであろう。

次ページ外国人投資家は日本株をどう見極めるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。