LBOファイナンスの変調 −−「貸し手優位」の市場へ大変貌 既投資案件の評価に厳しい目

「LBOマーケットはあとどれくらいで回復するんだ?」

昨年末のこと。大手行のLBO(レバレッジド・バイ・アウト)ファイナンス担当幹部がニューヨークを訪れ、現地の投資銀行幹部に尋ねた。

「うまくいけば、第2四半期(4~6月)か」  振り返ってみると、当時はまだ楽観的なムードも残っていた。

「ところが、今聞くと、年内の回復は無理だという答えが返ってくる」

昨今の金融市場の混乱で、欧米LBOファイナンス市場は完全にシャットダウン。エクイティやメザニンの出し手の意欲はあっても、シニアの部分はまったく組成できない。シティグループやゴールドマン・サックスは数百億?単位のLBOローン在庫を抱えているとされ、その評価損計上がRMBSやCDOに続く次の焦点になっている。

ひるがえって、日本のLBO市場はどうか。

カーライル・グループのマネージングディレクター、山田和広氏は「LBOのデットマーケットは欧米並みに厳しくなっているのが現状。まず外銀のドアが閉まり、アクティブだった邦銀もだいぶん姿勢が厳しくなっている。1000億円を超える調達は難しくなっており、この状況は当分続きそうだ」と語る。

外銀は従来、引き受けたLBOローンの大半を投資家に売却。アップフロントフィーで稼ぐのが典型的なビジネスモデルだった。ところが、「LBOはモーゲージローンと同じ、リスクの高いローンとみられるようになった」(山田氏)。ローンを引き受ける地銀など投資家の数や許容度が小さくなり、シンジケーションのマーケット自体が小さくなっていることが響いている。

JPモルガン証券レバレッジドファイナンス部の宮地直紀部長も「われわれが邦銀と大きく違うのは、クレジットの見方の差というより、シンジケーションリスクの考え方」と話す。シンジケーションの売却先である邦銀の姿勢は変わらないが、アジアの金融機関は調達コストが上昇しているため、出せる金額、金利が「よりセレクティブになっている」(宮地氏)という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。