“喫茶店王国”名古屋で生き残るコツとは?

トルコアイスとケバブは出さない本格トルコカフェ

儲けたい気持ちはあるけれど、もっと大切なことがある

――チェーン展開をすることはなさそうですね。

儲けたいという気持ちはありますよ。でも、自分もスタッフもお客さんもハッピーになるのが前提です。みんなが楽しみながら、少しずつでもお客さんが増えていったらいいな、と思っています。

カフェをビジネスだと割り切って拡大していくのも、カッコイイなと思います。でも、私は自分を表現するのがお店だと思っていて、それが仕事になっているだけでラッキー。今はトルコの魅力を伝えるのに夢中です。喜ぶお客さんの顔も間近で見たい。いわゆるオーナー経営者には私は向いていないかもしれませんね。

中古マンションを自力でリノベーションした自宅。料理教室やヨガ教室のイベントスペースとしても貸し出しています

カフェを始めたいという若い人から相談を受けると、「3年ぐらいでやめるならば最初からやらないほうがいい」と、あえて厳しくアドバイスをしている上浪さん。どんな理由であれ、店を畳むのは支えてくれた人たちを裏切ることになるし、何よりも店そのものを「夭折」させてしまう。わが子のように店をかわいがっている上浪さんには見るに忍びないのだろう。

店舗経営を「おカネをより多く稼ぐ手段」と割り切る人ならば、いち早くチェーン化してスクラップ&ビルドを推進するのが正解なのかもしれない。しかし、縁あって見つけた場所に建物を作って人を集めた時点で、お店を「愛おしい生き物」だと感じる人もいる。毎日掃除をして、人にもモノにも手間暇をかけて育てることで、その店はかけがえのない存在になっていく。急いでいるときはチェーン店も便利だけれど、ゆっくり食事をするならば「シャンパンブランチ」や「KRAL」のような店を僕も選びたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT