「組織密度」と「組織熱量」で最強の中堅企業に

「体質」を誇る中規模の「城」が日本の競争力を高める

中堅企業は「城」でなくてはならない。たとえ石高(こくだか)が大きくなくとも、働き者、知恵者の忠臣が支える個性溢れる「城」を目指さなければならない。「体格」ではなく、「体質」で戦うとはそういうことだ。

多くの大企業は見かけの石高は大きくても、その内実は汲々としている。大きな城は維持するのが容易ではなく、実は脆い。小さくとも、堅牢な「城」を数多く生み出すことが、日本の産業政策にとってとても重要なテーマなのだ。

それでは、規模が拡張してしまった大企業はどうすればよいのか。もちろん、トヨタ自動車のようにあれだけの「体格」を持ちながら、優れた「体質」を誇る会社は存在する。トヨタの真の強みは、世界一の自動車メーカーでありながら「城」の感覚を失っていないところにある。

残念ながら統治不能に陥ってしまった大企業は、「連邦経営」を目指すしかない。形だけのカンパニー制や事業部制などではなく、「城」として自主独立させ、それぞれの「城」は持ち味を活かした独自の繁栄を目指す。中途半端なシナジーなどを期待してはいけない。個性的な「城」が連なる「連邦経営」こそ、日本の大企業が目指すひとつの方向性である。

これまでの産業政策は、大企業と中小企業の議論に終始しがちであった。実は、日本のグローバル競争力を高める鍵は、「体質」を誇る中規模の「城」をどれだけ育てられるかにかかっているのである。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT