「世界初」を生み出し続ける島精機製作所

正社員中心主義で「創意工夫」

和歌山県和歌山市に知る人ぞ知る、世界一のモノづくり企業がある。その名は島精機製作所。二ット編み機のトップメーカーで、コンピューター制御横編み機で60%を超える世界シェアを誇っている。

創業は1962年。昨年、創立50周年を迎えた。その原点は手袋編み機。既存の機械で作られる手袋(軍手)は指先に塊ができてしまい、使用している人の指先の感覚が鈍った。そのせいで機械に巻き込まれて、指を失う事故が続発していた。

欧米が賞賛した”東洋のマジック”

創業者で、現社長の島正博氏はこの問題を解決するために、創意工夫を凝らし、指先の感覚が鈍らないよう丸く編み上げる手袋編み機を考案した。しかも、手首にはゴムを入れて編み込むことによって、手首に向かって編み目を減らす工程を省き、逆に手袋の着脱を容易にさせた。機能性を高め、事故を減らすと共にコストも削減した。島精機のすべての出発点はこの創意工夫にある。

次にターゲットとしたのが、二ットの横編み機だった。一番難しいとされていた衿の自動編み機に挑戦。1967年に「全自働衿編み機」の開発に成功。「世界初」の快挙だった。

それ以降も、「世界初」の快進撃は続く。「世界初」のコンピュータ制御横編み機を開発し、1995年には一切縫製することなく、一気に三次元の二ットを編み上げる「世界初」の機械「ホールガーメント」の開発に成功。欧米の二ットメーカーから“東洋のマジック”と称されるほどの評価を受け、SHIMA SEIKIの名声は世界に轟いた。

次ページレベルの高い内製化で技術をブラックボックス化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT