すてきナイスグループの脱常識力

30歳で持てる一戸建て住宅!

2013年2月10日、11日に東京ビッグサイトである展示会が開かれた。住宅の耐震化をキーワードとした「住まいの耐震博覧会」である。2日間の来場者数は5万5000人。2012年の3万5000人から一気に2万人も来場者が増えた。業界関係者が「これは事件だ!」と洩らすほどの活況を呈した。

「これは事件だ!」耐震性住宅へ高まる関心

5万5000人のうち住宅業界関係者は1万5000人ほどで、4万人は住宅の新築を検討中、もしくは建築中のエンドユーザーだった。東日本大震災によって家づくりに対する価値観は大きく変わり、地震対策への関心は高まっている。

この展示会を主催したのは、横浜市鶴見区に本社を構えるすてきナイスグループだ。創業は1950年。市売木材株式会社として、木材市場の運営を開始したのがこの会社のルーツである。

その後、建材や住宅設備機器・住宅用部材へと取り扱い品目を拡大。日本の住宅市場の拡大と共に業容を拡大し、日本有数の総合住宅資材商社としての地位を築いた。

1971年に日栄住宅資材株式会社へと社名変更し、マンション分譲や一戸建住宅分譲事業へも進出。2000年に社名をナイス株式会社へ変更した後、2007年には持株会社体制へと移行。住宅資材事業と不動産事業を2つの柱とするすてきナイスグループへと進化をとげている。

連結売上高は約2400億円(2011年3月期)。グループ全体の従業員数は約1800名。セグメント別売上高を見ると、住宅資材及び木材市場が約68%、マンション・一戸建住宅を扱う住宅事業が約28%を占めている。

次ページ住宅資材から戸建て住宅に展開
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT