「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

企業ITのプロである著者らは、現在多くの職場環境が「IT中毒」状態にあると警鐘を鳴らす。押し寄せるメール、分厚い会議資料、煩雑な管理システムへの情報入力などの処理に追われ、新しいアイデアを出したり、新規顧客を開拓したりといった付加価値の高い仕事がおろそかになってしまっているというのだ。

そこで提唱するのが「IT断食」。プレゼン資料は紙1枚のみを実行する企業の取り組み事例などを引用しつつ、いかにしてIT機器に頼らない良質なアナログ時間を捻出し、どのようにしてクリエーティブな思考を生み出したらいいかを考察する。

それは、日本企業が得意だった現場力を取り戻させようとする試みでもある。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT