「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

企業ITのプロである著者らは、現在多くの職場環境が「IT中毒」状態にあると警鐘を鳴らす。押し寄せるメール、分厚い会議資料、煩雑な管理システムへの情報入力などの処理に追われ、新しいアイデアを出したり、新規顧客を開拓したりといった付加価値の高い仕事がおろそかになってしまっているというのだ。

そこで提唱するのが「IT断食」。プレゼン資料は紙1枚のみを実行する企業の取り組み事例などを引用しつつ、いかにしてIT機器に頼らない良質なアナログ時間を捻出し、どのようにしてクリエーティブな思考を生み出したらいいかを考察する。

それは、日本企業が得意だった現場力を取り戻させようとする試みでもある。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。