「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

「IT断食」のすすめ 遠藤功、山本孝昭著

企業ITのプロである著者らは、現在多くの職場環境が「IT中毒」状態にあると警鐘を鳴らす。押し寄せるメール、分厚い会議資料、煩雑な管理システムへの情報入力などの処理に追われ、新しいアイデアを出したり、新規顧客を開拓したりといった付加価値の高い仕事がおろそかになってしまっているというのだ。

そこで提唱するのが「IT断食」。プレゼン資料は紙1枚のみを実行する企業の取り組み事例などを引用しつつ、いかにしてIT機器に頼らない良質なアナログ時間を捻出し、どのようにしてクリエーティブな思考を生み出したらいいかを考察する。

それは、日本企業が得意だった現場力を取り戻させようとする試みでもある。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT