「組織密度」と「組織熱量」で最強の中堅企業に

「体質」を誇る中規模の「城」が日本の競争力を高める

それでは、「組織熱量」を最大化するためにはどうすればよいのか。それは経営者が自らのビジョン、夢を掲げ、社員全員に浸透させることが不可欠だ。みんなが共感し、「やろう!」と思う目標・ゴールを心底共有することによって、「組織密度」は「組織熱量」へと変換する。

日本電子では栗原権右衛門社長が世界トップレベルの理科学機器メーカーとして「トータルソリューション」を提供するというビジョンを掲げ、その総合力を活かそうと邁進している。コープさっぽろは大見英明理事長がリードし、従来のスーパーマーケットから「食のインフラ」へと着実に進化しつつある。

ナイスは平田恒一郎社長の決断で、戸建て住宅事業へと大きく舵を切り、自らその陣頭指揮を執っている。島精機製作所は創業以来、島正博社長の号令の下、「世界初」に挑戦し続けている。

こうした不連続性の高い経営目標は、当初は社員たちには単なる「ホラ」にしか聞こえなかったかもしれない。しかし、経営者の本気さはやがて社員たちに伝わり、組織を挙げた退路を断った取り組みへとつながっていく。経営者と管理職、そして現場が同じ夢を共有し、ひとつにまとまって「ホラ」を「ホラ」で終わらせないために、突き進んでいく。経営者の「ホラ」なくして、「組織熱量」が大きくなることはありえない。

日本企業に元気で、良質な中堅企業が多いのはけっして偶然ではない。高い「組織密度」と大きな「組織熱量」。この二つの要素が揃うことによって、強靭な「体質」を持つ中堅企業は生まれてくるのである。

日本企業は「城」であれ

和歌山市郊外の島精機製作所を訪ねた時、私は「ここは現代の城だ!」と感じた。ガラス張りの洒落たデザインの本社ビルはまさに「島城」であり、そのお膝元には城と一体となって自社工場、協力工場が連なっている。城を中心にひとつの「藩」が形成され、一心同体の組織運営が行われる。そして、社員たちの帰属意識はきわめて高い。

次ページ堅牢な「城」でなくてはならない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT