TPP参加なら、輸出よりも輸入が増える

日本の経済成長には、内需がとても大切

TPPの経済効果に関する政府試算は、TPPへの参加で日本経済が拡大するのは、海外の需要を国内に取り込むことができるからではなくて、日本国内の需要である消費が増加するからだ、ということを示している。

TPPに参加しても、結局、重要なのは内需の拡大

今後人口が減少していく日本経済では需要の増加は期待できないので、海外への輸出を拡大する以外に発展の道はないと言う主張をよく聞く。しかし、我々は、日本国内でこれまで以上に多くの物を使用し、サービスを利用したいから、もっと所得が欲しいのだ。

花見酒のGDPの計算を見れば、日本経済を拡大させるために貿易黒字の拡大が不可欠というわけではないことが分かる。落語の花見酒で二人が犯した失敗は、自分達が運んでいる酒を飲んだことではなく、次の仕入れを行うだけのお金をちゃんと残しておかなかったことだ。

輸入に必要な資金を賄うだけ、輸出や海外投資で稼ぐ必要はあるが、国内消費を増やさなければ日本に住む人たちの生活は改善しない。日本が国際的な取引で稼いだお金は、最終的には海外から物やサービスを買うために支払う以外に、他に使い道は無いのである。

内需が拡大しなくてもTPPに参加すれば日本経済が発展する、ということはない。TPPに参加しても、結局、重要なのは内需の拡大だということを、政府試算は示している。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。