TPP参加なら、輸出よりも輸入が増える

日本の経済成長には、内需がとても大切

輸出をするのは輸入代金を稼ぐため

「天然資源に恵まれない我が国は、輸出をしなくては経済が成り立たない」と我々は教わってきた。しかし、それは輸出をすること自体が目的であるわけではない。日本人の生活を豊かにするための様々なものを輸入する代金を支払うためには、輸出でお金を稼がなくてはならないという意味だ。

花見酒の二人組の失敗は、酒を半分花見客に売って酒の仕入れを続けるだけのお金を稼がなかったことにある。前頁の表の(3)のように、原材料となる酒の購入代金分だけ花見客に売ってお金を稼ぎ、あとは二人が自分で酒を飲んでしまうというやり方をすれば、全く問題は無かったはずなのだ。

(1)のように、輸出を増やしてGDPを拡大するだけでは日本人の生活は豊かにならない。酒屋から酒を輸入して国内で加工し花見客に売るという輸出活動の規模を2倍に拡大すれば、GDPは2倍になる。しかし、これでは二人は2倍働いてくたびれるだけで酒は一滴も飲めないのだから、より幸せになってはいないだろう。

一方、表の(3)の方法を2回くりかえしてもGDPはちゃんと2倍に拡大し、しかも飲める酒の量も2倍になる。もっと酒が飲みたければ、二人はこれを何回も繰り返せば良い。

「天然資源に恵まれない我が国は、輸出をしなくては経済が成り立たない」という言葉は、実は正確ではなく、「天然資源に恵まれない我が国は、『輸入』をしなくては経済が成り立たない。そのためには輸出をしなくてはならない」というのが正しいのである。

次ページ内需が拡大しないと日本経済の発展はない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。