トンビは鷹どころか、コンドルを産める

幼少期に“知的充足感の喜び”を教えよう

ミセス・パンプキンの感想:私は胎教に失敗

私の子育ては、後悔先に立たずの連続でした。

「和室のせんべい布団」とは失礼な!知らない人が聞けば、どんな家かと誤解されかねません。本当は、「夏用に涼しく仕立てた薄めの上等な絹布団」だったのですからね!

40年ほど前は、まだ「胎教」と言う言葉が、新聞にも母子手帳にも出現していない時代でした。ただ美しい音楽を聴いたり、トイレをきれいにしたりすると、優しい子が産まれる、という程度でした。

胎教の効果がいろんな方面から聞かれるようになったとき、真っ先に頭に浮かんだのは、胎教で高校数学や科学、生物の教科書を読めばよかったということでした。

私が読んでいたのは盛者必衰を物語る「平家物語」や「サルトルとボーボワール」などの伝記、闘病記……。この子が自主的に勉強しなかったのはDNAと胎教が重なったためと悔やまれてなりませんが、賢明な親に生まれたお子さんたちとは違い、産まれたときからハンディを背負わせたと、今更ながら思い知らされた次第です。

トンビが鷹を産むこともある

ここだけの話ですが、私には希望がありました。たとえば優秀な学者のご子息が、必ずしも優秀だとは限らないことです。ならばその逆もありえます。私のように優秀でない母の子でも、教育いかんによっては持てる能力を伸ばし、その意味での成功例も事欠かなかったことです。

子供たちの今は亡き父親は、子供に対する期待の大きい人でしたので、そのことを常々子供に言い聞かせていました。ただ、父親の期待は大きすぎて、実現しそうなものではありませんでした。

そのため私は、期待が実現しなかった場合の親子の軋轢やプレッシャーによって、伸びる子も伸びなくなることばかりが案じられ、「鷹までいかなくともトンビ以上なら御の字だ」と夫に反論していたのですが、いつも「夢が小さい、コンドルくらい目指させろ! 何のために子供を育てているのだ?」 と決まって爆弾を落とされていました。

次ページ置かれた場所で咲きなさい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング