『婦人公論』に見る、変わる妻たちの関心事

『婦人公論』三木哲男編集長に聞く

40代向けの化粧品とか、アパレルとかで、爆発的にはやっているものというのは、なかなか見つかりません。メーカーはみんな、そういう成功を狙っているけれど、大きなムーブメントは起こせていないように思います。

――なぜ、今ひとつうまく行かないのでしょうか。

そもそも、商品開発やコンセプト設計が、40代女性のニーズをとらえきれていないのではないかと。

実は、40代の人を狙って出したものが、40代の人に響いていません。冒頭で話したとおり、今の40代女性は昔より、見た目も気持ちも10歳くらい若い。サイズの問題さえクリアできれば、20代向けの、少しエレガントなテイストのお店で服を買いたいのです。そこをうまくとらえきれていないのでしょうね。

――では、40~50代の女性は、どんなことにならおカネを使うのでしょうか。彼女たちが今、楽しいと思っていることは、どんなことなのでしょう。

女性同士で遊ぶことでしょうね。旅行に行ったり、飲み会をしたり。ある一部の人にとっては、圧倒的に恋愛が楽しみでしょう。この年代の夫婦の6割以上がセックスレスですから。気持ちを満たしてくれる男性の存在は、高級ブランドよりも大きい。

ただ、もう少し将来の見通しがつかないことには、大きくおカネは使えないというのが本音でしょう。高度成長の頃と違い、今はよっぽどの高給取りでないとまったく老後が見通せないですから。

なので、この層の女性の消費をつかむのは、並大抵じゃないと思います。「美魔女」(編集部注:40代以上の驚異的に美しい女性)という言葉もはやりましたが、そこを目指す人は実際のところ、ほんの一部。この年齢から高級ブランドで着飾って、お化粧をして、勝負したいと思っている人は、現実にはそれほど多くありません。45歳からの女性は、そんなにチープではないし、もっと世の中をわかっています。

この年代の女性は、よく「そこそこ」という言い方をします。「飛び抜けてキレイになりたい」ではなく、「そこそこ品があって、そこそこ愛嬌のある女性になりたい」と。

そういう考え方に立つと、この「そこそこ」にうまく寄り添うような試行錯誤が、もっと必要なのではないかと思います。

(撮影:梅谷秀司)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング