美容師テツさんに学ぶ中国でのブランド戦略

「小さいからできる」ブランド戦略とは

ですから、大企業ほど定義を共有してベクトルをそろえる努力が大事になります。しかし、組織が大きくなると追いかけている夢や個性があいまいになりがちです。大企業のホームページを見ると各社「ブランドステートメント」などを持っていますが、その内容は、発展・革新・創造・未来・価値・貢献などの常套句から成る、誰も反対はしないが何の個性もない陳腐なものが多いように思います。

スターバックスのブランド戦略

よいブランドはよい定義を持っているもので、たとえばスターバックスのブランド価値は「Rewarding Everyday Moments」と定められています。自分たちがお客様に約束するのは「自分へのご褒美としての豊かな時間」である、というブランド定義です。「プレミアムコーヒー」にはいっさい触れていません(ハワード・シュルツがスターバックスの前身「Il Giornale」をスタートしたときのマニフェストには明確に「本格コーヒーを普及させて世界一のコーヒーバーになる」と謳われていました)。 

スターバックスが自分たちをコーヒービジネスでなくピープルビジネスと位置づけ、家庭と職場以外の第三のくつろぎの場所を顧客に提供していることは周知の事実ですが、私が注目したいのは「Everyday」という単語です。ここに彼らの事業・マーケティング戦略が凝縮されていると考えます。月に1度ではなく、週に2回でもなく、毎日来ていただきたい。ロイヤルティの高い超ヘビーユーザーを育成するのが彼らの戦略です。

そのために、コーヒー以外の飲料を積極的に導入し、フードの新メニューや季節メニュー、国ごとに異なるローカルメニューの展開をアグレッシブに行っています。中国のスターバックスには中国伝統茶も定番メニュー化されており、端午節には「粽(ちまき)」まで売っています。

「Rewarding Everyday Moments」はスターバックスの事業とブランドの定義であり、また将来へ向けたビジョンとミッションの表現でもあり、さらにお客様と社会に提供する価値と便益の約束までをも見事に凝縮しています。ブランドはトップから現場まですべての人々がそれぞれの持ち場でブランドの価値や精神を実践することによって出来上がってゆくものですから、簡潔な合言葉でブランド価値が共有されることはとても重要です。

世界のエクセレントブランドの成長の裏には「小さな秘密」があるのです。それがブランド核心価値の定義です。組織が小さいうちにブランドの方向性を定めるべきです。ナイキもスターバックスも、最初は名も知れぬちっぽけな会社だったのですから。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT