美容師テツさんに学ぶ中国でのブランド戦略

「小さいからできる」ブランド戦略とは

人材育成も大きな課題です。テツさんは1年以上にわたって手塩にかけて育ててきた日本人アシスタントの男の子が、家庭の事情で急に帰国することになってしまい、途方に暮れました。こんな時は「もっといい人材を雇える機会が訪れた」と思って次の一手を打つしかありません。

もう一人、中国人のスタイリストも在籍していますが、お客様は基本的にテツさんについていますから、一人で頑張って顧客を増やしていくしかありません。自分が倒れたらそこでゲームオーバーです。プレッシャーも大きいでしょうが、今はテツさんの独り舞台だからこそうまくいっているとも言えます。

次の夢は2店目の出店ですが、別の人に店を任せた瞬間に「mano a mano」が目指す世界観に別の個性が入り込んで来ることになります。技術、接客、店の雰囲気や個性などを1号店と同じ水準に保ちつつ、事業の発展とブランド力の向上を実現するのは容易ではありません。

小さいからこそできるブランド作り

顧客から支持され、社会に受容される強いブランドを作るには、まず自分のブランドを以下の問いかけに沿って明確に定義することが大事です。

① 自分は何者か。どのような信念や能力をもっているのか。

② なぜこの活動をやりたいのか。この活動の存在意義は何なのか。

③ 何をやりたいのか。どのような価値を提供するのか。

④ どのような個性を持ち、どのように振る舞うのか。

⑤ どのように語るのか。

これらの答えの中から「自分らしさのエッセンス」を見つけ出すと、ブランドが主張する価値観や達成したいビジョンが定義できます。

言うまでもなく、個人経営の事業など自分でやっている活動においては、自分自身の好みや夢を明確化すれば済む問題ですから簡単です。しかし、組織が大きくなって多くの人たちと分業制で運営するようになると、ブランドの同一性を維持するのが難しくなります。

昔から老舗のお店が「のれん分け」に慎重なのはそのためです。本店での厳しい修行に耐えてのれんにふさわしい技術と人格を備えて、初めて独立が認められるのです。ビジネスが好調なときに安直に多店舗展開すると、いちばん大事な「そのお店の本質価値」が損なわれてしまう可能性が大きいのです。

次ページスターバックスのすごさ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT