美容師テツさんに学ぶ中国でのブランド戦略

「小さいからできる」ブランド戦略とは

そんなテツさんが開店した席数4つの小さな美容室には「mano a mano」、イタリア語で「手と手」という意味の名前がついています。テツさんがイタリア語を話すのは聞いたことがありませんから、どなたかの入れ知恵でしょうが、手作り感を大切にしたいという思いが込められています。初めて持つ自分の城ですから、予算の許す範囲で内外装にもテツさんの価値観が反映されており、どことなく地中海風の小じゃれた感じに仕上がっています。

集客は広告に頼らず、中国人顧客からの推薦で自然にお客様が広がっています。彼の話によると、ほかの日系美容院は中国人客比率が約70%ですがテツさんの店では80%と、中国人比率が高いのが特徴です。

値段は、カット330元(1元は約16円)、カラーが520元~、パーマが780元~と、日系美容院としてもやや高めの設定ですが、中国人のプチ富裕層にとって価格は問題ではありません。

経営者はつらいよ~難題が次から次へと

独立事業主となったテツさんは事業の損益管理に加えて、さまざまなリスクに対処しています。水道や電気の不具合、家主からの突然の立ち退き要求、公安の来訪など、中国でお店を持つ皆さんが悩まされるカントリーリスクに立ち向かっているのです。

お客様の気ままな行動も困りものです。予約時間どおり現れる人は少数派。予約のお客様がなぜか3人ぐらいの団体で来店するのは日常茶飯事です。中国人は友達同伴で来るのが好きなようで、友達はというとわが物顔で待合スペースを占領して、雑誌を読んだりスマホをいじったりしてくつろぎます。勝手にトイレを使い、水を飲み、スタイリング中の友人とおしゃべりし、お店にとってはとんだ迷惑ですが、追い返すわけにもいきません。

また、飲食店同様にローカルのお客様のニーズにどこまで対応するかが悩みどころです。

日本人需要に合わせていると、中国人顧客のニーズが満たせなくなります。北京の女性は髪を大切に長く伸ばしている人が多く、バッサリとショートにしたり、ボリュームを減らすために「梳く」ことを嫌がります。しかし、髪質が健康で重量感がある人が多いので、すいて軽くしないとパーマをかけてもきれいなウエーブが出ません。日本式を重視して日本で受けるスタイリングばかり勧めていると、中国人顧客のニーズに合わなくなってしまいます。

次ページ強いブランドを創るための5つの問いかけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT