福岡の会社員が仕掛けた「仮設商店街」の先

いきなり脱サラではなく、楽しみながら

26歳で福岡に戻って就職。27歳で東京のベンチャーに転職したが、1年で事業が立ちゆかなくなった。28歳で再び福岡に戻り、企画プランナーとして独立。百貨店にエステやパラグライダーなど体験型の福袋を提案し、ヒットさせた。

現在は、ビルの空きスペースなどの利活用も手掛ける。「清川リトル商店街」もその一つ。ビルのPR作戦としてオーナーに持ちかけたイベント企画だった。

うまくいかないことがあっても、「同じ過ちを繰り返さないことが大事」「次の糧になる」と常に前を向くことにしている。

そんな下野さんがずっと気になっているのが、大企業に勤める知人から聞いた、こんな言葉だ。

「年収は上がっても、幸福度は上がらない」

営業成績を求め、「数字」を追いかける日々。決して楽がしたいわけではない。ただ、違和感を覚えながら打ち込む仕事に、どれほどの意味があるのだろうか。

「もうける」ことよりも、「自己充実」を目指したいと思う人の方が多いのではないだろうか。ならば、そのための「選択肢」を用意したい。下野さんは、そう考えた。

それは、サラリーマンを追い詰める効率重視のストレス社会へのアンチテーゼでもある。

視察、座学を重ねて実践へ

「ふくおか小商い部」は、ビジネスの第一歩を目指してもいいが、「自分らしさ」「やりたいことをやる」という原点を外さないことが基本。「ニーズがありそうだから売る」といった打算とは一線を画す。

月に2回、小商いに取り組む先輩へのインタビューや視察、座学を重ね、半年後にフリーマーケットなどに出店する。部費は1カ月3000円。

会員制交流サイト(SNS)などで公募したところ、9月21日時点で7人が応募。いずれも20〜30代で女性6人、男性1人。会社員がほとんどだが、仕事を辞めて、次の道を探している人もいるという。

出店は、3人以上で1チームを作って臨む。業態は(1)アクセサリーやスイーツなどを「作って売る」(2)商品を仕入れて販売する「セレクトショップ」―の大きく二つ。

必要があれば、販促のため、SNSなどウェブで情報発信する記事の書き方や写真の撮り方、商品の並べ方といったノウハウを学ぶプログラムも「オプション」(別料金)で用意する。

9月27日午後7時半から、福岡市中央区大名2丁目の事務所で「キックオフミーティング」を開く。参加無料。ミーティングに出てから入部を判断することもできる。定員は12人。

「小さくてもいいから、まずは30点から始めましょう」と下野さん。連絡先はこちら

(文・吉武和彦)

qBiz 西日本新聞経済電子版の関連記事
あまおうに続け、「秋王」と「早味かん」 福岡県やJA、ブランド化本腰

「インバウンドの店はつくらない」 三越伊勢丹HD・大西洋社長
【福岡空港の遅延率13.62%】 羽田に次いでワースト2位のワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。