福岡人が「どんどん機嫌を損ねる」驚きNG表現

安易な「福岡好き」アピールは逆効果にも

「福岡のビジネスマナーにタブーはない」と言われても、油断禁物(写真:あんころもち / PIXTA)

福岡市に転勤後は、歓迎会などの席で、締めの手拍子を余計にたたいて注目されるかもしれない。地元の「博多手一本」には、全国的な一本締めとは異なる独特の「間」があるからだ。地元通にすれば「かわいいミス」。

「福岡のビジネスマナーにタブーはない」と余裕をみせてくれるが、油断は禁物だ。福岡人がどんどん不機嫌になっていく「NGワード」(地元営業マン)がある。

優しくされたアナタが、つい言ってしまう「NGワード」

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

「いよーお!」パン、パン

「も一つ」パン、パン

「よっさの」パパン、パン

これが、博多手一本である(かけ声には諸説あり)。特に、最後の手拍子は、一本締めの「パパパン、パン」に比べ、1回少ない。独特の「間」に、転勤者は手をたたいて、周囲の目を集めてしまう。

だが、心配は無用。これは間違えていい。むしろ、手拍子の仕方を教えてくれる、親切な福岡人と巡り合うチャンスになることだってある。

問題は、ここから先だ。優しくされたあなたが、つい言ってしまう一言。

「九州の人は、独特の文化をお持ちですね……」

これを言われた福岡人の表情に注目してほしい。

次ページ職場で”意味不明”の注意を受けた藤井さんのケース
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?