福岡人が「どんどん機嫌を損ねる」驚きNG表現

安易な「福岡好き」アピールは逆効果にも

「福岡のビジネスマナーにタブーはない」と言われても、油断禁物(写真:あんころもち / PIXTA)

福岡市に転勤後は、歓迎会などの席で、締めの手拍子を余計にたたいて注目されるかもしれない。地元の「博多手一本」には、全国的な一本締めとは異なる独特の「間」があるからだ。地元通にすれば「かわいいミス」。

「福岡のビジネスマナーにタブーはない」と余裕をみせてくれるが、油断は禁物だ。福岡人がどんどん不機嫌になっていく「NGワード」(地元営業マン)がある。

優しくされたアナタが、つい言ってしまう「NGワード」

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

「いよーお!」パン、パン

「も一つ」パン、パン

「よっさの」パパン、パン

これが、博多手一本である(かけ声には諸説あり)。特に、最後の手拍子は、一本締めの「パパパン、パン」に比べ、1回少ない。独特の「間」に、転勤者は手をたたいて、周囲の目を集めてしまう。

だが、心配は無用。これは間違えていい。むしろ、手拍子の仕方を教えてくれる、親切な福岡人と巡り合うチャンスになることだってある。

問題は、ここから先だ。優しくされたあなたが、つい言ってしまう一言。

「九州の人は、独特の文化をお持ちですね……」

これを言われた福岡人の表情に注目してほしい。

次ページ職場で”意味不明”の注意を受けた藤井さんのケース
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT