黒田日銀は、どこまで市場を「操作」できるか

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

皐月賞の本命は、中山得意なロゴタイプ

さて、3歳牡馬にとってのクラシック三冠の1冠目、皐月賞が週末にある。
 本命はロゴタイプで行く。皐月賞向きのスピード対応力があり、先行脚質なのもレースがしやすい。ハイペースの朝日杯FSで先行グループをキープしながらコディーノの差しを押さえきった能力も相当だ。おそらく、中山が得意なのだろう。父ローエングリンは、中山記念とマイラーズカップが得意な「GⅡ大将」的な馬だったが、軽快なスピードと粘りがあった。種牡馬として案外いいかも知れない。騎手がM・デムーロなのもプラス材料だ。

対抗は、エピファネイア。弥生賞の上位4頭は僅差だが、叩いての良化が期待できそうだ。単穴は、また人気になりそうだが、コディーノも争覇圏内の一頭だろう。以下、追える内田騎手で距離を保たせた時のスピードあるコパノリチャード、ダービーよりは皐月狙いと思えるタマモベストプレイを連下に。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。