アベノミクスよりも、アソウノミクスに乗れ

ぐっちーさんが読む「ちょっと先」のマーケット

国民は、ばかにされています。

最近、安倍晋三首相が信奉していると言われるリフレ派の最右翼と言われる方と、テレビでご一緒しました。人の意見をまったく聞かず、自分の主張だけ言いまくって帰る態度には呆れかえりましたが、結局、彼らの主張は、

「物価上昇さえ引き起こせば、将来はもっと物の値段が高くなると思うので、みんなあせってカネ使うに決まってるでしょ!!」

ということなんですね。

いま3000万円の家が、来年5000万円くらいになると思えば、今のうちに買おうと思うのは当然で、そうすれば売り上げも上がり、給料もあがり、みなさん万々歳じゃないですか!

とおっしゃるわけです。

次ページ本当に、みんなが万々歳の世の中が来る?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。