黒田日銀は、どこまで市場を「操作」できるか

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

4月4日に発表された日銀の政策決定会合の結果は、市場に大きなインパクトをもたらした。あれから、約1週間たち、金融市場は一連の政策を消化しつつあるが、長期国債利回りのようにまだ「落ち着きどころ」を探している市場もある。

「株価が政策目標」と言ったに等しい黒田総裁

マネタリーベースの2年での2倍増、買い入れ国債の年限長期化、ETF(上場型投資信託)とJ−REIT(不動産投資信託)の買い入れ増額、いわゆる日銀券ルールの一時停止、などは、いずれも事前に予想されていた政策だったが、全てがセットで一度に出てきたことと、それぞれの規模が何れも市場の期待を下回らなかったことによって、市場にサプライズを与えた。白川前総裁時代の「小出し緩和」に慣れていた市場参加者が驚くのも無理はない。

筆者が一番驚いたのは、4日の会合後の記者会見でETFの買い入れ増額についてたずねられた黒田東彦総裁が、「リスクプレミアムにはまだまだ圧縮できる余地がある」と言ったことだった。リスクプレミアムが縮小することは、利益の増加や金利の低下がなくても株価が上がることを意味する。この発言は、「現在の株価はまだまだ上がる余地がある」と言っているのと同じだ。そこで、ETFを買うと言っているのだから、「株価」が日銀の政策目標になっていることを明言したに等しい。

次ページ黒田総裁はどの程度の株価を考えている?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT