アベノミクスよりも、アソウノミクスに乗れ

ぐっちーさんが読む「ちょっと先」のマーケット

さらに言うと、一杯350円の牛丼が来週500円になると思えば今週のうちに牛丼10杯食うだろ、と言われているわけですね。

値上がりするといわれたら、みんな消費に走るのか

経済は物理学と違って、それでも地球は回る、なんて法則は皆無であります。要は、みなさんがどういう投資・消費行動を起こすかが、すべてであって、理論通りにいくはずがないのです。

AKB48でおわかりのように、美人という絶対基準は存在せず、多くの人が美人だ!! と投票した人が一番美人だ、という結果の議論にしか過ぎないことを、リフレ派と言われる人々が理解していないことがよくわかりました。

先程の例に戻りますと、来年、確実に家の値段が上がるとして、今給料の保証はおろか、雇用の保証もない我々はどういう消費行動をするでしょうか?? 焦って家を買うんでしょうか?

来週から牛丼が値上がりするぞ、といってみなさん、突然牛丼を10杯食いますか??

多分、答えはNOだと思います。

次ページ経済のキホンに立ち返って考えてみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT