カープ劇的優勝を支えた「老スカウト」の眼力

71歳の裏方は「将来の活躍」をこう見抜く

25年ぶりの優勝で歓喜する鈴木誠広島ナイン(2016年9月10日、写真:日刊スポーツ新聞社)

25年ぶりにプロ野球セ・リーグ優勝を成し遂げた広島東洋カープ。40歳前後の黒田博樹、新井貴浩という大ベテランが投打の柱となり、野村祐輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也といった20代の若手がかみ合い、2位以下を大きく引き離しての独走だった。

優勝マジックを順調に減らしていた9月上旬。秋の東都大学リーグが開催されている神宮球場のバックネット裏で、多くの関係者や観客から「おめでとうございます」と一足早い祝福を受けていた人物がいた。

「みんなの力でここまできましたよ」

苑田聡彦、カープのスカウト統括部長を務めている。年齢は71歳だ。1964年にカープに入団して、外野手、内野手のバイプレーヤーとして1977年までプレー。引退後は40年近くカープのスカウトを務めており、50年以上にわたってカープ一筋の野球人生を送っている。

「みんなの力でここまできましたよ。口には出さんけどね」

そう言って、老スカウトは照れ笑いを浮かべた。今季のここまでの躍進ぶりは想像していなかったという。

「やっぱりベテラン2人(黒田、新井)がチームに与えた影響が大きかったのかな。彼らは口だけじゃなくて、自分でも練習しますからね。シーズンが始まる前に新井と会った時に、『数値が高くなりました』というから『糖尿か?』と聞いたら、筋力の数値のことでした(笑)」

苑田スカウトは、この黒田、新井の2人の入団にかかわっている。ともに「王道」とは言い難いプロ入りへの歩みだった。

すでによく知られた話だが、黒田は高校時代、控え投手だった。そんな黒田を専修大下級生時に見た苑田スカウトは「一目惚れした」という。

「いいピッチャーは投げ方だけじゃなくて、立ち方、走り方、シルエットすべてが格好いいものなんですよ」

次ページわずか1分で仮契約を成立させた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT