介護施設を「幼稚園」のようにしてはいけない

「わたしの家大学」のスゴい取り組み

こうして、パソコン、朗読、ピアノ、歴史、掃除など、実にさまざまなジャンルのプロたちが集まりました。面白いのは、その各々の講座を「学科」に見立てて、施設全体を「わたしの家大学」としたことです。

従って、ボランティアの方の肩書は「特任教授」です。通ってこられるお年寄りに、自らの経験、知識を無償で授業する訳です(但し、交通費として5百円をお支払いしているとのこと)。

介護施設は生涯の学びの場である

谷口社長と宿泊・デイサービス施設「わたしの家大学」

わたしの家大学には、18学科・60講座があります。たとえば体育学科はウォーキング、リハビリ体操、音楽・映像学科はハーモニカやピアノ、唄、大正琴、脳育学科は脳トレ、パソコン、早口言葉などの講座に分かれています。しかし、なぜわざわざ「大学」なんでしょうか。

谷口社長はその疑問にこう答えてくれました。

「介護施設に来られるといっても、皆さん、人生の先達たちです。そこが、世間でよく言われる『チイチイパッパを歌わされる幼稚園』では失礼だと思うんです。尊厳やプライドの持てない場所にしたくない。小学校でも中学校でもない、ましてや幼稚園でもない。大学という『学びの学舎』にしました。学生である利用者さんの、生涯学びたい、という熱い思いに応える、自ら創る大学なのです」

学生さんはけっこう忙しくされています。登校、チャイムで授業開始。朝礼、校歌斉唱、スローガンの唱和で1日の授業が始まります。コミュニケーション学科(自己紹介)、創作学科(生け花、習字、絵画、工作、折り紙等)、健康衛生学科(健康教室、ヨガ教室、口腔体操、換気タイム、手洗い、うがい、トイレなど)、食エコ学科(公園の清掃)などを受講します。変わったところでは、阪神タイガースを勉強(?)する「阪神講座」というクラブ活動もあるとか。また食育学科には、昼食タイム、おやつタイムもあります。各自、希望の講座を選択し、1日の最後に何を学んだかを確認して終礼、そして下校という段取りです。

授業を受けると単位がもらえ、毎年3月の進級式には修了証授与を行い、4回生、大学院へと進級します。開所してすでに8年。当初から通っている利用者は大学院の上級生になりました。これからどこに進級してもらうか、それが悩みの種、と谷口社長は笑われます。

次ページ介護施設をはじめたきっかけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT