高齢者が若者から仕事を奪うという「ウソ」

高齢者の仕事が増えれば若者の仕事も増える

高齢者の仕事が増えても、若者の仕事が減ることはない(写真:dotshock / PIXTA)

なぜ米国経済の成長は加速しないのだろうか?

経済学者が注目する要因は、主に2つある。1つは生産性の伸びが思わしくないことだ。生産性成長率、つまり、労働者1人当たりの1時間のアウトプットの成長率は、2005年以来、年率平均1.3%という低い水準にとどまっている。それ以前の10年間の成長率は2.8%だった。生産性成長率の伸び悩みについてはよく議論されており、特に技術イノベーションの経済に対するインパクトや、事業投資や公共投資の観点からの議論が多い。

米国では毎日約8000人が65歳を迎える

しかし、2つ目の要因、すなわち「高齢化」については、あまり議論が行われていない。

1946年から1964年までの間に生まれた「ベビーブーム世代」のうち、最も年齢の高い層がメディケア(高齢者向け医療保障制度)を利用し始めている。2030年まで、毎日約8000人のベビーブーム世代が65歳の誕生日を迎える。若者が減り、退職者が増えている社会では、労働力の伸びは鈍い。

基本的には、人口構造の変化は避けられない。2029年にはベビーブーム世代の全員が65歳以上になり、総人口の20%以上を占めると国勢調査局が予測しているが、その予測にはあまり議論の余地はない。2056年には、65歳以上の層が18歳以下の層より大きくなると予測されている。

今後の生産性の伸びを予測することに比べれば、人口構造の問題ははるかに予測しやすい。そうではないだろうか?

「私たちは今日の世界を基準として単純な予測を行い、恐ろしいシナリオを描き出している」と、世界銀行のシニア・エコノミスト、ジョハネス・コットは話す。「このアプローチでは、世界は変化しているということが考慮されない」。

次ページ米国経済と高齢化の問題の「3つの誤解」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT