高齢者が若者から仕事を奪うという「ウソ」

高齢者の仕事が増えれば若者の仕事も増える

高齢者の仕事が増えても、若者の仕事が減ることはない(写真:dotshock / PIXTA)

なぜ米国経済の成長は加速しないのだろうか?

経済学者が注目する要因は、主に2つある。1つは生産性の伸びが思わしくないことだ。生産性成長率、つまり、労働者1人当たりの1時間のアウトプットの成長率は、2005年以来、年率平均1.3%という低い水準にとどまっている。それ以前の10年間の成長率は2.8%だった。生産性成長率の伸び悩みについてはよく議論されており、特に技術イノベーションの経済に対するインパクトや、事業投資や公共投資の観点からの議論が多い。

米国では毎日約8000人が65歳を迎える

しかし、2つ目の要因、すなわち「高齢化」については、あまり議論が行われていない。

1946年から1964年までの間に生まれた「ベビーブーム世代」のうち、最も年齢の高い層がメディケア(高齢者向け医療保障制度)を利用し始めている。2030年まで、毎日約8000人のベビーブーム世代が65歳の誕生日を迎える。若者が減り、退職者が増えている社会では、労働力の伸びは鈍い。

基本的には、人口構造の変化は避けられない。2029年にはベビーブーム世代の全員が65歳以上になり、総人口の20%以上を占めると国勢調査局が予測しているが、その予測にはあまり議論の余地はない。2056年には、65歳以上の層が18歳以下の層より大きくなると予測されている。

今後の生産性の伸びを予測することに比べれば、人口構造の問題ははるかに予測しやすい。そうではないだろうか?

「私たちは今日の世界を基準として単純な予測を行い、恐ろしいシナリオを描き出している」と、世界銀行のシニア・エコノミスト、ジョハネス・コットは話す。「このアプローチでは、世界は変化しているということが考慮されない」。

次ページ米国経済と高齢化の問題の「3つの誤解」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。