ギャルママが生み出したヒット商品の秘密

ニッチな市場には中小企業の商機がある

ギャルママが実際に参加している商品開発会議の現場

取材で、ギャルママと呼ばれる若いお母さんたちにお会いする機会がありました。10代後半から20代前半のちょっとハデでオシャレな母親たちです。でも見た目と違って、皆さん、社会的にもしっかりされています。震災復興支援など、社会奉仕的な活動をしている人も少なくないそうです。

ギャルママたちは、独特のファッションをしており、普通のお母さんたちとはちょっと異質の存在でもあります。こうした存在に大阪の中小企業が目を付けました。町工場が密集する東大阪市で、キャラクター雑貨等の企画製造を行うカワキタさんです。河北一朗社長は、当時を振り返ってこう言われます。

ギャルママのごちゃごちゃ感に圧倒

この連載の一覧はこちら

「売り上げのほとんどが受注生産であることに危機感を持っていました。将来的な海外進出も視野に入れて、自社ブランドを立ち上げられないか、と考えたのがきっかけです」

生来子供好きで、東アジアを中心に所得が上がっている現状から、ベビー・子供向け商品がいいのではないか、と漠然と考えていました。

そんな時目に止まったのが、ド派手なギャルママ向け雑誌『I Love mama』(アイラブママ/インフォレスト発行、現在休刊)でした。ファッション、美容、オシャレ小物など、「ギャルらしいごちゃごちゃ感」に圧倒されました。「子供向け商品はほぼ母親の好みで購買されます。ここはひとつ、規模は小さいが確実にニーズのあるギャルママ市場をターゲットにしよう、と思いました」。

次ページターゲットに商品開発をさせよう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。