知られざるPTAの上部組織「P連」「日P」の謎

実はあなたも会費を負担している!

PTA上部組織「P連」とは?(写真:Graphs / PIXTA)

学校の保護者組織「PTA」を知らない人は、まずいないでしょう。でも、PTAの連合組織である「P連(ピーれん)」の存在は、あまり知られていません。

「P連なんて聞いたこともないし、自分とは関係ない話だな」と思われた方もいるのでは。でも実は、多くの保護者がこのP連におカネを払っていますPTAの役員になると、P連が主催するさまざまな活動に駆り出されることも。ですから本当は、みんな“関係は大アリ”なのです。

今回は、この知られざる「P連のナゾ」に迫ってみたいと思います。

各地で連合組織が作られ、全国組織に発展

この連載の一覧はこちら
大塚玲子さんの新刊『PTAがやっぱりコワい人のための本』も発売中です

P連とは何かというと、要するにPTAの“上部団体”です。形としては、以下のような段階構造になっています。

まず、それぞれの学校のPTA(単位PTA)が、市(区町村郡)単位で集まってつくるのが「市P連(区・町・村・郡P連)」。これが県(都道府)単位で集まって、「県P連(都・道・府P連)」をつくります。

そしてさらに、都道府県のP連が集まって「日P(にちピー)」=「公益社団法人 日本PTA全国協議会」を構成しています(政令市は多くの場合、都道府県を介さず、直接日Pに加盟します)。

次ページチリツモで年間8500万円!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。