「原発推進派」と批判されても、貫くべき「義」

経産省政務官として経験した「原発問題」

そもそも判断すべき事柄が、国家百年の計のような、膨大で複雑なものであればあるほど、計算どおりにはいきません。考慮に入れなければならない変数が、あまりにも多すぎます。偶然が入り込む余地が大きいですし、人の心はとかく移ろいやすい。スーパーコンピュータでも、なかなか答えを出せません。ましてや、政治や社会や経済の情勢は刻一刻流転します。

そろばんをはじいて、右顧左眄をすればするほど、判断がぶれて、行動は中途半端になります。他方、己が正しいと思う道を突き進めば、心の中に一本筋が通り、力強い行動につながります。

これは、経営などで難しい決断をされた方には、むしろ当たり前の話でしょう。私自身、一昨年に経済産業大臣政務官に就任したときには、そのような経験をしました。

原発事故後に直面した喫緊の課題

就任1年前には、東日本大震災が発生し、福島で原発事故が起こりました。当時は、恐怖と不安から、原発そのものに対する国民的反発が極めて強かったのです。こうした中で、経済産業省の立場からは、福島第一原発の事故対応や住民救済を進めると同時に、国家のエネルギー政策を冷静に責任を持って進めなければなりません。さまざまな非科学的な情報や、実現性のない机上の空論が錯綜する。

振り返るに、そういう中で、政治家が(おそらくは戦前と同じように)強烈な世論に対して、現実的な説明責任を果たせなかったことは、自分を含めて大いに反省すべきことです。

私としては、まずは、原発の安全性を最大限確保したうえで、とにかく翌年の夏の電力需給に対応することが、喫緊の課題だと判断しました。これは産業経済の利益だけではなく、病院で人工呼吸器などで命をつないでいる方々をはじめ、安定した電力に頼る国民生活を考えてのことでした。

次ページ批判に萎縮する経産省
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。