ネット検索、人が「まとめる」時代へ

ヤフーと「LINE」のNHN Japanがタッグ

インターネットを使うユーザーが、つねに利用するのが検索サービスだ。気になるニュースを報じているサイトにたどり着くため、買おうと思っている商品の情報を知るため、飲み会のお店を探すため、プレゼンで引用する公的な統計のデータを得るため――ネット上におけるさまざまなニーズを満たす基本となる。

そのネット検索が、新たな局面を迎えようとしている。手を組んだのは、インターネット総合サービスで国内最大手のヤフーと、スマホ無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」で席巻中のNHN Japanである。

「まとめ」と検索を組み合わせ

NHN Japanは、インターネット上のあらゆる情報を対象として、一般ユーザーの手を介して収集したリンクや画像、動画、テキスト、つぶやきなどを自由に組み合わせ、一つのページに整理して保存・紹介する「NAVERまとめ」と呼ぶサービスを展開している。このNAVERまとめをヤフーが運営する「Yahoo! Japan」のトップページにある検索結果と組み合わせるのが、両社の提携の骨格である。4月から順次取り組みを始める。

ヤフーの宮坂学社長

ネットの検索は、ロボットの手によって大量の情報の中から目的の情報を探すのが一般的だが、「あいまいな情報が検索できないという弱点があった」(NHN Japanの森川亮社長)。そこでユーザー参加型にして、人の手で整理された検索結果をサービスとしたのが、NAVERまとめである。

これをヤフーの検索結果と組み合わせるとどうなるのか。ヤフーの宮坂学社長によれば「たとえば『花見』と検索すると、花見スポットを表示するだけでなくて、花見に持っていくグッズや、花見が楽しめるレストランなどといったような検索結果も提供できるようになる」という。

次ページNAVERまとめの実力は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。