食べる直前に注文すると太りやすくなるワケ

ランチに何を食べるかは朝のうちに決めよう

また別の研究では、1週間前に間食で何を食べるか選んでおくと、キャンディーバーよりもリンゴやバナナを選ぶ傾向が強いことがわかった。一方で、すぐに食べてしまう場合は、キャかいンディーバーを選ぶ傾向が示された。

ヴァンエッブスの研究では、意思決定と食事の間に時間差を設けた実験が3回実施され、外食をする際に参考となる、多くの発見があった。

最初の実験では、大手ヘルスケア関連企業の従業員394人が、ランチを受け取る少なくとも30分前に注文を済ませるよう告げられた。ランチを受け取れる時間は午前11時から午後2時までの間で、注文は最も早くて午前7時から行えると定められた。したがって、ランチを受け取る5時間前に注文をする人もいたし、ギリギリの31分前に注文をする人もいた。

1時間ごとに38キロカロリーの「節制」

実験の結果、注文から昼食までの時間が長い人ほど、低カロリーのものを注文したことがわかった。その時間が1時間長くなると、注文した食事のカロリーは、平均して38キロカロリー低くなった。「時間差」の影響は女性のほうにより大きく表れた。

2つ目の実験では1100人の社会人を集め、注文から食事までの時間の長さをコントロールした。同じ企業で働く人々で構成された1つのグループでは、午前10時までにランチの注文をし、1時間以上経ってから食べることとした。別のグループでは、午前11時を過ぎてからランチの注文をし、30分後に食べるよう指示した。この実験では、500キロカロリー未満のランチには、それが分かるようシールが貼られた。

この実験でも同様の結果が得られた。ランチを早く注文した人たちは、500キロカロリー未満のランチを選ぶ傾向が強かったのだ。興味深いのは、被験者たち自身が、普段と違うことをしているとは考えていなかったという点だ。彼らは、どんな場合であっても同じものを選ぶだろうと述べたのだ。

次ページ学生の実験でも驚きの結果が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。