40代女子を悩ませる「セルライト」撃退のコツ

スリムな体型になるために小さくしよう

セルライトに悩んでいる女性は少なくありません(写真:bertys30 / PIXTA)

最近は美容と健康の情報を手に入れやすくなっていることもあり、相応の年齢になっていても若く美しい見た目の女性も増えてきました。テレビなどで「美魔女」と紹介されるような人はその最たるものでしょう。

美の天敵、セルライトを撃退せよ

一方で、女性は40歳前後、それ以上になると基本的に誰でも、体型が崩れがち。特に太ももや二の腕、背中、首の後ろ、ヒップなどにつきやすいセルライトに悩んでいる40代女子は少なくないはずです。私はエステティシャンとして、さまざまな年齢の女性に顔と体のトリートメントを行い、美容やダイエットのための日常生活の過ごし方についてのアドバイスをしています。その経験からまとめた拙著『40代女子のための“魔法の習慣”』でも解説しているセルライトの基礎知識とその撃退法を紹介します。

セルライトとは皮下脂肪組織に貯め込まれた脂肪、水分、老廃物が、コラーゲン繊維と絡み合って肥大化し、固まった状態のこと。一度ついてしまうと落とすことが難しくなります。痩身サロンのエステティシャンの毎日は、お客のセルライトとの戦いと言っても過言ではありません。日本人女性の80%以上にセルライトがあるといわれています。

セルライトは病気ではないので、セルライトが大きくなっても命に別状はありませんが、セルライトがあると脂肪の燃焼がうまくいかなくなり、代謝が下がり、痩せにくくなります。大きくなると皮膚の表面がボコボコになりますので、見た目も気になってきます。さらに大きくなると皮膚の表面が固くなり、触るだけで痛くなります。

次ページまずはどのような状態かを知る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT