フジは、なぜ「ネット炎上」の標的になるのか

「韓流ゴリ押し」はあり得ないのだが…

2009年の「世界フィギュアスケート選手権」でキム・ヨナが優勝した時は国旗掲揚と国歌斉唱があったのに、2010年3月の浅田真央が優勝した際にはカットされた。
2010年10月、サッカーの日本対韓国の試合を「韓日戦」と表現した。
2011年2月「笑っていいとも!」で、アンケート結果として全世代で最も好かれている鍋は「キムチ鍋」と発表した。
2011年7月、なでしこジャパンが女子W杯で優勝したのに表彰式をカットした。
2011年8月放送のドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」の前田敦子が着ていたTシャツに、原爆のコードネーム「LITTLE BOY」と書かれていた。
韓流ドラマを“ゴリ押し”している。

確かにデモが発生した当時、フジテレビには、月〜金曜の午後、「韓流α」という韓流ドラマの枠があったほか、「ミュージックフェア」などの音楽番組に東方神起、KARAなどのK−POPグループがたびたび出演するなど、「韓流」を売り出していたことは間違いない。また、「笑っていいとも!」のアンケートも、スタッフが韓流ブームに便乗し面白がって取り上げたのかも知れない。

「韓流ゴリ押し」はあり得ない

しかし、これらの放送内容は、ことさら韓流タレントやコンテンツを持ち上げているわけではないし、日本の社会、文化、歴史などに反感があるわけではない。韓流コンテンツが多いのは、テレビ不況により経費削減が叫ばれる中、(放送権を)比較的安く買うことができ、一定の視聴率が期待されているからである。つまりビジネスとしてコストパフォーマンスがよいから放送しているだけで、そのことは業界関係者にとっては常識だろう。フジテレビのアジア戦略の中で、韓流コンテンツを上手く利用したいという意図もあるかも知れないが、それとてベースには損得勘定がある。

フジテレビに、韓国に特別肩入れしたいという政治的思想や信条、イデオロギーがあるわけでは決してない。そもそもフジサンケイグループには保守的言論で知られている産経新聞があり、2016年4月には、衆議院議員補欠選挙の告示後にもかかわらず、バラエティ番組(「ワイドナショー」、熊本地震発生により放送は5月に延期)に安倍晋三首相を出演させようとするほど現政権をバックアップしているくらいだから、「韓流ゴリ押し」はあり得ないのである。

次ページところが、筆者はネットで「嘘つき」呼ばわり…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。