パーティーで英語を話せるようになるには?

ビジネスパーソンの英語学習法(その4)

この作業を通じて、ありとあらゆる自分周辺の情報が語れるようになります。ひとつずつ対応していくことで、結果として自分周辺の話題を幅広く網羅でき、海外に行った際、出る頻度が高いトピックの大半に対して準備が整うはずです。

繰り返しになりますが、自分や自分の仕事、自分の国について語れるようになることこそが、ビジネスパーソンにとっての第一歩! しかも、英語でどれほど自分について語れるかがTOEICやブラッツのスピーキングテストで測定できるのですから、受験のモチベーションもグンとアップするはずです。

Imagine that an Australian research firm is doing research in your country. You have agreed to participate in a telephone interview about your diet.
1. How many times a day do you usually eat?
2. What kind of food do you like?
3. Could you please describe the food you had yesterday?
模範解答
1. I eat three times a day, but sometimes I eat an extra meal at night.
2. I like spicy food. I especially like Korean food.
3. I ate a very light breakfast yesterday. I just had a pack of milk and a bread roll. For lunch, I had sushi with my colleagues at a restaurant. For dinner, I ate the fried rice my wife had made for me. She is a very good cook.

反射的に言葉が出るように

さて、ここからはちょっとしたテストのコツをお話しします。

ブラッツは対面形式の試験なので、用意した台本の中身を、身ぶり手ぶり、そして笑顔を加えながら話すようにしてください。

TOEICスピーキングテストのPart 3のほうは出題が3問あります。 簡単な設問に関して15秒で答える1、2問目は、出だしであまり長い間を空けたりせず、すぐに話し出すよう心掛けてください。普通の会話で長い沈黙があるとコミュニケーションが滑らかに進みません。よって、最初に長い間が空きすぎると減点になる可能性があります。逆に最後は少し早めに答え終わって間が空いてしまっても、聞かれたことに十分答えられていれば減点の対象にはなりません(公式ガイドにもその旨が明記されています)。

3問目に関しては、30秒間で、あるテーマに関してdescribeする課題が与えられます。これも1、2問目の答えと同様、出だしに間を空けない注意が必要です。加えて、最後も早く終わることなく、可能なかぎり30秒の制限時間まで話すほうがいいようです(これは、私や周囲の受験者の体験を基にしたものです)。

次ページ研修は生徒中心で
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT