シャープを悩ます、社長と会長の不協和音

社内から経営陣のリーダーシップに対する不安の声

早々に液晶の長へ復帰

昨年6月の株主総会で代表権を持つ4副社長が一斉に退陣。奥田隆司社長ら新経営陣が代表取締役に就き、新旧交代が進むかに見えた。

しかし、株主総会からまもない7月、緊急対策の一環として片山会長は「液晶・デバイス管掌」に就任した。「新任の奥田社長ではすべてを管轄できない。液晶は専門性の高い片山さんに任せようという話になった」(関係者)。社内通達はされず、液晶事業の実務担当者らは当時「会長が亀山に連日いらっしゃるのはなぜか」と疑問を呈していた。

昨年8月3日。町田相談役と片山会長は、東京で台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業、郭台銘董事長と面会した。鴻海は昨年3月、シャープの第三者割当増資を1株550円、669億円分引き受けることで合意した。だが合意から半年、シャープの株価が著しく下落したことから、町田相談役が出資条件の見直しを切り出したという。

奥田社長、財務担当の大西徹夫専務はこの会談に不在だった。前日の2日、13年3月期の業績予想を2500億円の最終赤字へと大幅に引き下げたことで、金融機関への説明に追われていたためである。

8月3日を境に、鴻海との交渉は暗礁に乗り上げ、町田相談役の存在感は薄れていく。出社は週2~3日で、大阪商工会議所の副会頭など社外活動が主となった。一方の片山会長は経営会議には顔を出さず、資本提携交渉に奔走し始めた。

次ページ会長と社長の溝
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT